購入前に知っておきたい事

お線香

種類や主な材質とその特徴

仏壇は一生に何度も買い替えるものではないので、購入にあたってはある程度の知識をもってのぞみたいものです。仏壇の種類は大きく分けて、漆塗りと金箔の装飾を施した純金塗タイプ、黒檀や紫檀を使った伝統的な唐木タイプ、洋間にも合うモダン(家具調)タイプの仏壇があります。純金塗仏壇は全体が黒く漆塗りが施されており、内部装飾には金箔が張られており、豪華で荘厳な印象を受けます。江戸時代から長い歴史をもつものであり、寺院や地方の旧家でよく見られる種類です。木地師や彫刻師、金箔押師、蒔絵師など様々な職人の手を経てつくられる伝統的な仏壇であり、新潟や金沢、京都など産地は全国にあります。唐木仏壇は生地に東南アジアから輸入された、黒檀や紫檀などの唐木と呼ばれる銘木を使用しています。唐木は木目や色合いが美しく、固くて強度があるので傷が付きにくく、細かな彫り物に向いた樹種です。近年では唐木の産出量は少なく、資源保護のための輸出規制から東南アジア産の唐木は減り、日本産の欅や桑、屋久杉などの樹種も使用されています。東京や静岡、大阪などが産地となっています。最近の住宅事情に合わせて人気なのがモダン仏壇です。コンパクトで軽量、シンプルな装飾が特徴で、現代的なデザインのため、洋室・和室を問わずに設置する事ができます。材質にはウォールナットやナラ、メープルなどの洋家具材を使用していて、塗装も明るい色調のものが多く見られます。これらの仏壇の以前は、そのほとんどが無垢材を用いて製作されていました現在では資源保護の影響から木材の価格が高騰しており、以前のような総無垢タイプの仏壇は減ってきています。現在では芯材に合板やMDFボード(繊維木材)を用い、その上に薄く挽いた木材を貼り合わせたものが多く使われています。一概に価格=材質ではないので、どれを選ぶかは予算やデザインから決めるなど基準を設けておくと選びやすくなります。

Copyright© 2018 利便性の良いお墓を探そう【生前から墓選びをすべし】 All Rights Reserved.